プロペシア

プロペシア   生え際の抜け毛を強力にブロック

プロペシア

プロペシアは、男性の薄毛の大半を占めるAGA(男性型脱毛症)の抜け毛を予防する経口タイプの治療薬です。

1日1錠飲むと、AGAの主原因『ジヒドロテストステロン(DHT)』 を生み出す『5α-リダクターゼ』の働きを抑制し、薄毛症状の進行を食い止めます。

特に生え際の薄毛はDHTによる影響が大きいので、プロペシアによって大幅に抜け毛を防ぐことができます。

プロペシアの主成分『フィナステリド』はFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、現在、世界中で承認・使用されている信頼ある医薬品となっています。

プロペシアの抜け毛防止効果

プロペシアを服用すると、フィナステリドの酵素阻害効果が働き、DHTを生成する還元酵素5α-リダクターゼの作用を強力に抑制することができます。

生え際の薄毛症状はDHTの血中濃度に比例しているので、DHTの生成量が減少すると、生え際の抜け毛をぐっと減らすことができます。

プロペシアの抜け毛防止効果は国内外の臨床試験でも立証されており、97%の方に3年間の抜け毛防止効果が認められたと報告されています。

また、これまで成長せずに抜け落ちていた産毛が順調に育つため、頭髪のボリュームアップにもつながります。

プロペシアの副作用

DHT抑制に効果的なプロペシアですが、服用によってまれに副作用を起こす場合もあります。

症状は軽微なものがほとんどで、性欲の減退や勃起不全、頭痛、胃部不快感などが主な症状として知られています。

ただし、プロペシアは成人男性専用の医薬品なので、女性はもちろん、男性でも未成年の方は服用を禁じられています。

また、1日1錠という用法・用量を守らないと、副作用のリスクが高くなってしまうので気をつけましょう。

プロペシアとミノキシジルで効果倍増

生え際の薄毛症状が進行している方は、プロペシア単体での使用よりも、ミノキシジル系発毛剤(ロゲインなど)との併用がおすすめです。

ミノキシジルには毛髪の成長因子を誘導する作用があり、抜け毛防止作用のあるプロペシアと併用すると、発毛と抜け毛防止という2つの効果を同時に得ることができます。

事実、プロペシアとミノキシジル系発毛剤を併用したら、生えにくい生え際にも効果が見られたとの報告も確認されています。

プロペシア ⇒プロペシアの個人輸入代行店