スピロノラクトン

スピロノラクトン   女性ホルモン作用で抜け毛の原因をブロック

スピロノラクトン

スピロノラクトンは、男性ホルモンの働きを抑制する女性ホルモン作用を持った抗アンドロゲン薬のひとつです。

もとは利尿剤として用いられている医薬品ですが、現在は男性ホルモンを主原因とするAGA(男性型脱毛症)の治療にも使用されています。

プロペシアやフィンペシアなどの成人男性専用薬とは異なり、女性も使用できるので、女性特有のびまん性脱毛症の治療にも有効です。

スピロノラクトンの抜け毛防止効果

生え際や頭頂部の薄毛症状を引き起こすAGAは、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』が原因です。

DHTは発生以後、毛包にあるレセプター(受容体)と結合し、生え際や頭頂部の抜け毛を誘因します。

スピロノラクトンの女性ホルモン作用は、DHTとレセプターとの結合を阻害する抗体となり、DHTによる抜け毛作用を強力に予防します。

DHTの生成そのものを阻害せずに抜け毛を予防するので、毛包に不自然な萎縮が起きず、毛髪を正常に育てられるところが大きなメリットとなっています。

スピロノラクトンの臨床試験では、70~75%の方が抜け毛防止および発毛効果を確認したと報告されています。

スピロノラクトンの副作用

スピロノラクトンを使用すると、その女性ホルモン作用により、まれに副作用が生じる場合があります。

症状としては、男女ともに乳首・乳房痛や、女性の場合は生理不順になることもありますので、気になる症状があらわれた場合は医療機関を受診するようにしましょう。

その他にも、肝障害やカリウム血症など、体調不良を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

生え際の薄毛にはクリームタイプがおすすめ

スピロノラクトンには、液状のローションタイプとクリームタイプの2種類が存在します。

ローションタイプの方が浸透率が高く、効果は高いのですが、匂いがきつかったり、生え際に塗ると液だれするなど、やや使い勝手が悪いところが欠点です。

一方、クリームタイプはローションタイプより若干効果は落ちますが、生え際に塗りやすく、液だれの心配もありません。

よって、スピロノラクトンを生え際の薄毛に使用する場合は、使い勝手の良いクリームタイプがおすすめです。

スピロノラクトン ⇒スピロノラクトンの個人輸入代行店