DHT抑制

生え際の薄毛とDHTの関係

生え際の薄毛には、DHTが深く関与しています。

DHTとは男性ホルモンの一種で、正式には『ジヒドロテストステロン』と呼ばれています。

男性の薄毛の大半を占めるAGA(男性型脱毛症) では、このDHTが最大リスクとなっており、血中のDHT濃度が高ければ高いほど、AGAによる薄毛症状が進行していきます。

ちなみに、DHTは同じ頭部でも部位によって影響力に違いがあり、最もDHTの影響を受けやすい部分が生え際となっています。

DHT抑制で生え際の薄毛を解消しよう

生え際の薄毛を解消するためには、最も影響力の高いDHTを抑制する必要があります。

最も効率のよいDHT抑制方法は、DHTを生み出す還元酵素『5α-リダクターゼ』の働きを直接阻害することです。

5α-リダクターゼは、男性ホルモン『テストステロン』をDHTに変換する働きがあり、DHTの血中濃度を高めて生え際の薄毛を進行させる原因となります。

そのため、生え際の薄毛解消には、5α-リダクターゼの作用を防ぐ医薬品や天然成分が使用されています。

DHTを抑制する数々の成分

5α-リダクターゼを阻害する働きを持つ成分には、医薬品と天然成分の2種類があります。

このうち、医薬品では育毛剤『プロペシア』などに配合されている『フィナステリド』が一般的で、世界中でAGA治療薬として活躍しています。

他にも、頭部に塗布するタイプのスピロノラクトンには、男性ホルモンの作用を抑制する女性ホルモン効果があり、DHT抑制に有効となっています。

ただし、これらは医薬品なので、服用するとまれに性欲減退・勃起不全・頭痛・胃痛・消化不良などの副作用を起こすことがあります。

一方、天然成分では、ノコギリヤシ(ソーパルメット)やカボチャ種子エキス、ウコン、亜鉛などが主要成分となっており、副作用もないことから、育毛サプリメントとして親しまれています。