発毛を促進

発毛促進とDHT抑制を組み合わせよう

DHT抑制は生え際の薄毛防止に非常に有効ですが、それだけでは抜け毛を防ぐだけで、発毛を望むことはできません。

生え際がかなり後退している方は、DHT抑制の他に、発毛を促進する方法を平行して行う必要があります。

具体的には、髪を育てる成長因子を誘導することによって、薄毛部分からの発毛を促し、髪をボリュームアップさせることが大切です。

成長因子を誘導する成分

では、髪の成長因子を誘導する成分には、どのようなものがあるのでしょうか?

DHT抑制同様、発毛を促進する成分にも、医薬品と天然成分の両方が存在します。

医薬品では、ロゲインやリアップなどに配合されているミノキシジルが有名です。ミノキシジルは体内の血管を拡張する作用があり、頭部の血液循環を促進し、毛根への酸素や栄養分をスムーズに供給する働きがあります。

一般的に、ミノキシジル単体だけの使用では生え際への効果は薄いのですが、DHT抑制効果を持つ成分と併用することで、頑固な生え際への発毛効果も期待することができます。

発毛を促進する天然成分

一方、医薬品以外にも、天然由来の発毛成分がいくつか確認されています。

たとえば、ミノキシジル同様、血行促進作用を持つセンブリエキス。生薬として用いられているセンブリエキスには、副作用の心配なく、体内の血液循環を改善する効能があります。

他にも、成長因子の誘導を助ける方法として、頭皮の老化を防ぐ天然成分を摂取する方法があります。頭皮が衰えていると、栄養分の供給率が悪くなるため、発毛を妨げる原因となるのです。

抗酸化作用を持つ成分には、ブドウ種子エキスやチャエキス(カテキン)、ビタミンCやEなどが挙げられます。