生え際のにきび・コメドの原因

生え際のニキビ、何が原因?

特にニキビができやすい体質の方ではなくても、生え際やあご、フェイスラインにニキビができるケースはよく見受けられます。

生え際ニキビの原因は大きくわけて2つあります。

1つは洗髪が不十分ではなく、髪にシャンプーの成分や汚れが残ってしまうこと。この状態で髪がおでこやあご、フェイスラインに触れると、成分や汚れが移り、ニキビの原因になってしまいます。

特に生え際はすすぎ残しが多く、残留したシャンプー成分による炎症が起こりやすいので、洗髪の際は念入りなすすぎが必要となります。

また、使用しているシャンプーに有刺激性成分が含まれていることも原因のひとつになります。使用するシャンプーはアミノ酸系を選ぶなど、肌にやさしいものを利用すると生え際やあごのニキビを予防することができます。

ホルモンバランスの乱れも原因のひとつ

そして2つ目は、ストレスや自律神経の乱れにより、ホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。

ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが過剰に分泌されるようになり、毛穴から余分な皮脂が大量に発生し、毛穴をつまらせる原因となります。

特に女性の場合、あごひげのある男性に比べてあごの毛穴が発達していないので、皮脂の過剰分泌による影響を受けやすくなっています。

また、女性は月経によってもホルモンバランスが乱れるので、あごにニキビやコメド(角栓)ができやすい傾向にあります。