野菜や果物を摂る

栄養不足は抜け毛・薄毛を進行させる

生え際や頭頂部の薄毛に悩む方の割合は年々増加傾向にありますが、その原因のひとつは食生活の乱れや食の欧米化にあると言われています。

毛髪の根っこである毛根は、血中から吸収した酸素や栄養素をエネルギーとして毛髪を生成しています。

しかし、肉生活中心の食事や、不規則な食生活を送っていると、発毛に必要な栄養分が不足し、抜けやすい弱った髪しか生えてこなくなったり、薄毛症状に悩まされたりします。

抜け毛や薄毛を改善する育毛剤や発毛剤は、体内の栄養が十分であることを前提に働くものなので、栄養が不足していると、せっかくの育毛剤も発毛剤も効果を十分に発揮することはできません。

特に毛髪は体の中でも優先順位の低い部位なので、栄養が回ってくるのが遅く、栄養不足の影響を最も受けやすい仕組みになっています。

育毛・発毛に良い食事を摂ろう

育毛・発毛に必要な栄養分は野菜や果物、海藻類などに多く含まれています。

特に現代人はミネラルやビタミン不足が指摘されているので、緑黄色野菜や果物をたっぷり摂り、バランスの良い食生活を維持することが大切です。

昔から『食べると髪が生える』と言われているワカメや昆布などの海藻類にも、海のミネラルがたっぷり含まれているのでおすすめです。

一方、脂の乗った肉などは、摂取しすぎると体内のコレステロール値や中性脂肪値が高まり、血管をつまらせるドロドロ血液を作ってしまいます。

ドロドロ血液によって血行が悪くなると、毛根に栄養が届きにくくなるため、肉類の摂取は控えた方がよいでしょう。