ロニテン

ロニテン   M字型にもよく効く経口タイプのミノキシジル

ロニテン

ロニテンは、ロゲインやリアップの有効成分として有名な『ミノキシジル』配合の内服薬です。

ロニテンはもともと血圧降下剤として開発された医薬品ですが、ロニテンを服用した患者の多くに多毛症があらわれたことから、その後、AGA(男性型脱毛症)の治療薬などに使用されています。

ミノキシジルには体内の血管を拡張する働きがあり、頭部の血行が促進し、毛根の活性化による発毛効果を期待することができます。

ロニテンの発毛効果

ロニテンの最大の特徴は、外用薬に比べ、即効性・発毛効果ともに優れているところです。

内服薬の場合、頭皮から有効成分を浸透させる外用薬とは異なり、直接体内に有効成分を取り込むため、効き目が早く、発毛効果自体も大きく向上しています。

そのため、ロゲインやリアップでは効果が薄いとされる生え際の薄毛に関しても有効で、ロゲインからロニテンへと切り替える方も少なくありません。

ロニテンの副作用

即効性・効能ともに優れているロニテンですが、内服薬であるがゆえに、副作用のリスクが若干高めとなっています。

また、頭部のみに使用する外用薬に比べ、有効成分が体全体に回ってしまうため、頭髪以外の体毛が濃くなる、血圧が下がりすぎるなどの症状があらわれるおそれもあります。

一般的な症状は頭部のかゆみ、炎症、顔や全身のほてりなどですが、動悸や息切れなど、気になる症状があらわれた場合は、服用を中止し、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

プロペシアとの併用について

発毛促進効果のあるミノキシジルは、抜け毛予防効果のあるフィナステリドと併用すると相乗効果を発揮し、より効率的に薄毛を解消することができます。

そのため、ロニテンとプロペシアを同時に服用する方法も効果的で、特に効果のあらわれにくい生え際の薄毛改善の有効な手段として知られています。

ただし、プロペシアも医薬品なので、わずかながら副作用のリスクがあります。ロニテンとの併用でさらに副作用症状が強くなるなどの報告はありませんが、2つの医薬品を同時に摂取する場合は、特に用法・用量に注意して服用するよう心がけましょう。

ロニテン ⇒ロニテンの個人輸入代行店