ノキシジル

ノキシジル   経口発毛剤『ロニテン』のジェネリック医薬品

ノキシジル

ノキシジルは、タイの製薬メーカー『T.O.Pharma社』 が製造したジェネリック・ロニテンです。

1錠あたり5mgまたは10mgのミノキシジルを含有しており、効果・効能ともにオリジナルのロニテンとほぼ同等です。

違いは、製品名とメーカー、そして販売価格にあり、ノキシジルはロニテンよりも低価格で購入できるところが最大の特徴となっています。

ノキシジルの発毛効果

ノキシジルの有効成分『ミノキシジル』には、体内の血管を拡張し、血流を促進する作用があります。

薄毛の大きな原因のひとつは頭部の血行不良にあります。頭部の血行が滞っていると、毛根に栄養分や酸素が行き渡らなくなり、抜け毛・薄毛を誘発してしまうのです。

ノキシジルは体内に直接ミノキシジルを取り込むことで、頭部の血行を効率的に改善し、栄養不足に陥った毛根を活性化します。

ノキシジルは経口薬なので、外用薬に比べて効き目がはやい上、従来品では効果があらわれにくかった生え際からの発毛も期待できます。

ノキシジルの副作用

ノキシジルは内服薬なので、外用薬に比べて体にかかる負担が大きく、副作用の発症率もやや高くなります。

ノキシジルの副作用症状は、頭部のかゆみやかぶれが最も多く、次いで頭髪以外の体毛が濃くなったり、めまいやほてりを感じるケースが報告されています。

いずれも症状としては軽微ですが、ミノキシジルはもともと血圧降下剤の一種なので、低血圧・高血圧の方が服用すると重篤な副作用を起こす危険があります。

心当たりのある方は、まずはかかりつけの医師に相談し、ノキシジルの服用の可否を確かめましょう。

ノキシジルの価格

ノキシジルは1錠あたりの価格が安く、ロニテンよりも経済的負担がかからないところが特徴です。

具体的に比較してみると、ロニテンは10mg×30錠(1ヶ月分)で4000円前後ですが、ノキシジルは10mg×100錠で約4000円と、3分の1以下の価格で購入することができます。

同じ値段で3倍持つわけですから、非常にコストパフォーマンスが良く、ロニテンは薬代がかさんで続けられないという方でも無理なく使用することが可能となっています。

ノキシジル ⇒ノキシジルの個人輸入代行店