ロゲイン

ロゲイン   初心者からおすすめできる発毛剤

ロゲイン

ロゲインは、血管拡張剤『ミノキシジル』を配合した塗布タイプの発毛促進剤です。

ミノキシジルは頭部の血行を促進し、発毛を促す作用があることから、AGA(男性型脱毛症)治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局) に正式認可されています。

ロゲインでは、ミノキシジルを2%または5%濃度で含有。気になる部分に朝晩塗れば、薄毛部分からの発毛効果を得ることができます。

ロゲインの発毛効果

生え際や頭頂部の薄毛を改善するためには、抜け毛を予防するだけでなく、同時に毛髪の成長因子を誘導し、発毛へと導くことが大切です。

ロゲインはミノキシジルの作用で頭部の血管を拡張し、一時的に頭部の血行を促進することができます。

毛根は血中から発毛に必要な栄養分を取り込んでいるため、血行を促進することで発毛力がぐんとアップします。

ロゲインはプロペシアなどの抜け毛防止剤と併用するとさらに効果がアップするので、薄毛症状が深刻な方や、即効性を期待する方はプロペシアとの同時使用をおすすめします。

ロゲインの副作用

ロゲインを使用すると、ミノキシジルの血管拡張作用により、頭部のかぶれやかゆみ、発疹などの症状があらわれる場合があります。

ロゲインは外用薬なので、経口薬に比べて副作用発症率は低いのですが、気になる症状があらわれた方は、医療機関を受診し、低濃度のロゲインから使用するようにしましょう。

また、ロゲインは1日2回、1mlずつの使用を上限としています。それ以上の回数や用量で使用しても効果は上がらないうえ、副作用のリスクを高めてしまうので注意しましょう。

初心者におすすめのロゲイン

ロゲインはミノキシジル含有量が2%または5%と低いため、DHTの影響を受けやすい生え際の薄毛には効きにくい傾向にあります。

ただし、プロペシアとの併用によって相乗効果を発揮すると、成長因子を誘導する働きが強まり、生え際の薄毛にも効果を期待することができます。

生え際の薄毛を重点的に治療したい場合はザンドロックスなどの高濃度ミノキシジル系発毛剤の方が効果的ですが、ザンドロックスは効果が強いぶん、副作用のリスクも高く、初心者の方にはあまりおすすめできません。

将来ザンドロックスの使用を考えている方も、まずは低濃度のロゲインから治療をはじめ、徐々にならしていくとよいでしょう。

ロゲイン ⇒ロゲインの個人輸入代行店